アクセスカウンタ

ムッシュのつぶやき

プロフィール

ブログ名
ムッシュのつぶやき
ブログ紹介
神戸に単身赴任中、肺がん(ステージ4)と闘うことになったおじさんのつぶやきです。
地元のJ2愛媛FCを応援してます。
zoom RSS

J2第10節 北九州戦・・・

2015/05/01 10:09
結果は非常に残念な逆転負けでした。
前半は運動量も多くセカンドボールも拾えていいゲーム展開で、先制、追加点といい流れでした。

前半終了間際のPK献上が余分でしたね。
後半は、北九州にセカンドボールを支配されてゲームをコントロールされてしまいました。

選手は連戦で苦しいと思いますが、こんな時ほどメンタルを切り替えて、大宮戦に臨んでほしいものです。

それにしても、あの天候と4連勝あとの勢いのあるチームの観客動員数とはとても思えないですね。
愛媛県民は本気で愛媛FCなんていらないや・・・とでも思っているのでしょうか?
事務局はお金がないので、新規観客動員確保に対する企画を立てる気もないのでしょうか?

未だ3000人さえ超えることのできない観客動員・・・
ゴールデンウイークのホームはあと札幌戦のみですが、どこまで動員数を伸ばすことができるのでしょうか?

チームスタッフ、フロント、サポーター、愛媛県人の本気度が測られる大事な一戦になるんだと思います。
年に一度も一万人を超える試合を組めないのじゃぁ・・選手たちに申し訳ないですね

危機感を持って動員増に取り組みましょう!!


がんばろう!!愛媛FC!!
がんばろう!!愛媛県人!!


にほんブログ村 サッカーブログ 愛媛FCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 単身赴任へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0


J2第9節 栃木戦

2015/04/26 20:52
J2昇格以降未だ3連勝以上の勝ちがない愛媛、今節の対戦相手は栃木SC戦。

河原・西岡・瀬沼の3選手が元栃木の選手だったり、JFL時代からの好敵手だったり、昨年のロボセンスとか何かと因縁のあるチームというイメージです。

前半は、セカンドボールを上手く拾って優勢に試合をコントロールしているように見えました。
そんな前半26分、河原選手からのこぼれ球を三原選手の今季初ゴールで先制!!

後半は栃木のパワープレーに押されて苦しい展開でしたが、最後まで守りきり4連勝達成!
しかも4連勝中は無失点と言うおまけ付きでした!(^^)!

気が付くと6位までランクアップ!
まだ、C大阪・大宮・磐田などの強豪チームと対戦していないので順位の話はまだまだこれからですね。

今日のスカパーのアナウンサーは、愛媛のことをやたら褒めてくださり、おまけにもっとたくさんの人がスタジアムで観戦するべきと援護射撃をいただきました<(_ _)>

本当にその通りで、ニンスタで生観戦を楽しみましょう!!テレビ観戦の何倍も楽しいですよ!
まずは、1万人越えのスタジアムで愛媛を応援するのを目標に!


がんばろう!!愛媛FC!!
がんばろう!!自分!!


にほんブログ村 サッカーブログ 愛媛FCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 単身赴任へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村






記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


帰郷

2015/04/25 11:25
2月以来、3か月ぶりに愛媛に帰ってきました。
というよりは、神戸を引き上げて松山に帰ってきました。

肺癌の発見から2年7か月、抗がん剤と放射線治療を繰り返してきましたが、そろそろ適当な抗がん剤もなく、放射線の適応もほぼなくなってきたのと、足の骨への転移があり、一人で通勤するのが難しくなってきました。

一人で仕事に行けない、ちゃんと歩きずらくなっていることを考え、会社は休職させていただいて実家に帰ることにしました。
まあ、いつかはこうなると思っていましたが、現実となると悲しいものです。
せっかく、地元に帰ってもホームの試合を見に行くことも出来ず。
今年はC大阪と京都、岡山、徳島、讃岐ぐらいはアウェイ参戦できるのではと思ってましたが、全部難しそうです(T_T)

スカパーを申し込んだので、全試合スカパー観戦かな?

今年は、愛媛FCにとって重要な年になるはずですが、現地参戦できないのは非常に残念です(T_T)

観客動員をどうしたら増やせるのか、愛媛FCの存在意義をどうアピールしていくのか!!
明らかに選手たちが、インタビューで意識して『スタジアムに見に来てください』という表現を入れています。

少しずつ結果を出し始めた選手たちにどうサポーターが返すことができるのか?

ここからが愛媛県人の力の見せ所です!

がんばろう!!愛媛FC!!
がんばろう!!愛媛県人!!


にほんブログ村 サッカーブログ 愛媛FCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 単身赴任へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

































記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


J2第8節 千葉戦\(^o^)/

2015/04/20 22:07
今シーズン好調で、6勝1分と負けの無い千葉しかも、千葉との直接対決でも勝ったことのない相手でした。
相性も今の勢いも数倍千葉のほうが格上のチームという意識を持たざるおえないチームです。
 
おそらく木山監督のゲームプランも前半無失点、後半のワンチャンスに賭けるというものではなかったでしょうか?

瀬沼選手の移籍初ゴールの場面は、一瞬千葉に隙が生まれ、玉林選手がそのすきに絶妙のクロスをあげ、すばらしいヘディングシュートを瀬沼選手が決めてくれました\(^o^)/

得点後は千葉の攻勢もあり、完璧な守りだったともでは言えませんが、チーム一丸となって守り切れた試合だったと思います。
3連敗のあとの3連勝は数字以上に大きな勝ち点3だと思います。

問題はやはり観客動員・・・3109人ではどうやってチームを成り立たせるのか?
変わりつつあるフロントとゴール裏を中心としたサポーターが、選手の頑張りに応えるのは今でしょう!(古)

ゴールデンウイークを集客のチャンスとできるか?
1万人超えのゲームは見られるのか?

愛媛の力を見せるときです!!

がんばろう!愛媛FC!!
がんばろう!愛媛県民!!




にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 愛媛FCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


がんばろう!

2015/04/18 09:53
次節は現在首位のジェフ千葉戦です。
去年の湘南戦のように現在無敗の相手にジャイキリ再びと意気込んでいるサポーターも多いのではないでしょうか?

千葉がJ2に降格して以降一度も勝てていない相手・・・J2昇格10年を記念してぜひよい結果を待っていますよ!

前節試合終了後、徳島の斉藤キャプテンとコアサポの間で揉め事があったようですね。
J2降格組の徳島がなかなか良い結果が伴わず、選手もサポーターもストレスがたまった結果として言い合いになってしまったというところでしょうか・・・

愛媛を応援し始めて14シーズン目になります。その間ふがいない選手に怒りをぶつけそうになったり、素人が見ても一発でわかるような大誤審で勝敗が決してしまい、名前付きのブーイングで審判を批判し続けたり、偉そうに言えない場面は何度もあって、後で反省することが多いのです。
ただ、対戦チームの選手と審判については、ちゃんとリスペクトするべきだと思いますし、審判についてもちゃんとリスペクトすべきだと思います。

”人のふり見てわがふり直せ”の言葉通り、スタジアムに観戦に来た小学生や未就学児が嫌な気持ちにならないような応援を大人としてしていかないと駄目だなぁ・・・と思います。

遠くから遠征に来た対戦チームのサポーターや移籍していった選手やその家族が、次に愛媛が選択肢の一つになった時『あんなサポータのいるチームはいや!』という理由で他チームを選択されたりしないように『選手を愛するサポーター』・『選手から愛されるサポーター』でありたいと思います。

今シーズンは本当に愛媛FCにとって大きなターニングポイントとなる年でしょう。
観客動員を増やし、成績も中位以上を確保し、スポンサーを獲得しないと!!

サポーター・選手・フロント・行政の意識が同じ方向を向いていますように(o|o)

がんばろう!愛媛FC!!
がんばろう!自分!!


にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 愛媛FCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








愛媛FC オフィシャル リボンマグネット 【サッカー サポーター グッズ】
サッカーショップ fcFA
■Jリーグサポーターコレクション大ヒット商品のリボンマグネットに、愛媛FCモデルが新登場!マイカーな

楽天市場 by 愛媛FC オフィシャル リボンマグネット 【サッカー サポーター グッズ】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


J2第7節 群馬戦

2015/04/12 07:48
勝てて良かった(@_@;)
3勝1分3敗 勝ち点10の11位となりました。

対戦相手の群馬は、先シーズンの最終戦の相手で痛い負けを喫した相手でした。
前半は前の3人がうまく連動し、いい攻撃ができていました。
西田・近藤のコンビネーション・距離感が絶妙でした。相手の退場もありさらに優位になったところで、愛媛の得点パターンにはまり、河原の先制弾と理想の試合運びでした。

人数で優位に立った愛媛は、後半立ち上がり追加点を積極的に獲りに行ったはずですが・・・
後半、近藤貴の怪我による交代もあってかちぐはぐな攻撃に終始してしまった感じでした。

まあ、1−0で逃げ勝ったことは、満足な結果とは言いませんが最低限の結果を残したと納得しています。

先日もアップしましたが、戦績や順位だけで増えるわけではないのでしょうが、観客動員が増える一因でもあるので、勝ち点も着実に積み上げていきましょう!

次節は、ホームで首位の千葉とホームでの対戦、チームは首位・観客動員は2位・・・
どちらもジャイアントキリング目指してがんばりましょう!!

がんばろう!愛媛FCフロント!!
がんばろう!愛媛FCサポーター!!




にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 愛媛FCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


観客動員!

2015/04/11 12:30
今シーズンも開幕して1ケ月が過ぎ、今週末は早くも第7節を迎えることとなりました。
2勝1分3敗の勝ち点7で14位となっています。

今節の相手は群馬です。ここでも何度か書きましたが、個人的には一番負けたくない相手ですし、順位の下のチームですので必ず勝ち点3のお土産を持って帰ってほしいと思います。

今日は観客動員について書きたいと思います。
今更のテーマですが、10年目の今シーズンこのままの流れで良いのか?もっと危機感を待たなければいけないんじゃないのか?

試合後の選手のコメントや監督の発言を見ても、いつになく観客動員の少なさを指摘するコメントが多く、選手レベルで危機感を持っているのではないでしょうか?
前節の大分戦での弾幕にも『・・・少ないけど』というのがありました。コアサポさんの危機感の一端だろうと思います。

愛媛FCには足りないものがたくさんあって、J参入前から課題として認識しているものから、Jリーグの指摘やなんやらで後からないことにきずいたものたくさんあります。

プロチームとして最も必要(選手とか、グランドとかは除いてですよ)なものが、観客動員ではないでしょうか?
以前は、「チームの成績がこれではサポも増えないよなぁ」と思っていましたが、岡山や松本、鳥栖、岐阜、J3の長野など人口規模やJ1参入経験なしなどみてもそんな大きな差がないはずなのに・・・

フロントはチーム運営を根本から見直さないと手遅れになるのではと危惧します。
サポーターも他チームと比べてなぜゴール裏の動員が増えないのか?真剣に考える時期ではないでしょうか?

もし、愛媛FCがなくなったらどうなるのか?なぜ必要なのか?
『サッカー好きの楽しみです。』では、税金払えるか!となるし、試合前の理念など訴えていますが、現サポーター以外の人の心に届きも響きもしていないのではないでしょうか?

愛媛FCの存在意義をもっと具体的に、もっと共感してもらえるものにしなければ、応援してもらえるはずはないですよね。
昨年の讃岐戦や粉飾決算のようなマイナスがある今だからこそ、フロントとコアサポーターが協力して身近なチームになってほしいと願います。

このままでは、もうニンスタにサッカーを見に行くことができなくなってからこんな事を書くのは卑怯だなぁ・・と思いながら書いてしまいました。

平均観客動員が1万人を超えるようになれば、スポンサーも増え、愛媛に来たくなる選手も増え、ユースの選手も増え・・・等等、良い流れになってくるのではないでしょうか? 

具体策を提案できないくせに、偉そうなことを書いて申し訳ありませんでした。
みんなで考え実行できることがあればいいですね。


がんばろう!愛媛FCフロントスタッフ!
がんばろう!愛媛FCコアサポーターのみなさん!!



にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 愛媛FCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

ムッシュのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる